このノートでは、一発試験で第二種免許の学科や教習所を卒業して自動車試験場で本免を受ける方のみ対象になります。

受験資格:


1) 年齢が21歳以上

2) 大型・中型・普通・大特免許のいずれかを受けていても、その免許を受けていた期間が通算して3年以上の人

3) 運転免許証

4) 申請書

5) 受験手数料 (金額等は各都道府県によって異なります)


第二種免許学科試験項目:


二種の学科問題はほとんどの内容が一種免許、一部二種の問題も出題されます。


1) 一種問題70問

2) 二種免許10問

3) 標識問題 10問

4) イラスト問題5問

計95問で100点満点中90点以上で合格。



私が二種の学科試験を受ける前に練習した本を紹介したいと思います、日本文芸社が出版する「第二種免許試験に必ず出る実戦1570題」 という本がおすすめです。この本で特訓すれば合格は間違いありません。問題が10回分ありますので平均的に90点以上すべて取れてれば合格に近いと言えると思います。


http://ecx.images-amazon.com/images/I/51utKaiostL._SY344_BO1,204,203,200_.jpg


もう一つは、同じく日本文芸社が出版する「最速一発合格第二種免許」という本です。この本はとても絵がわかりやすく一種の内容も詳しく載ってありますし終わりのほうに5回分問題が掲載されてます。自分の弱点はどこなのか。というのを理解できるため苦手なジャンルがはっきりわかります。私もこの本で苦手な分野をとことんおさらいして試験に望みました。


http://ecx.images-amazon.com/images/I/51X6UpjTtxL._SY344_BO1,204,203,200_.jpg



テストに出そうな問題: 正、誤で答えてみてください。


1) 観光バスの運転手は、高速道路の乗合バス停留所に停車してもよい。

2) 乗車定員21人以上のバスには、緊急の場合に備えて非常扉を設ける。

3) 踏切の前後30m以内では追い越しはできない。

4) 路肩とは、路端から0.5mの帯状の部分をいう。

5) 第二種免許を取得していない者は、どのような場合もタクシー、ハイヤーを運転してはいけない。

6) タクシーで客を乗せるため、道路工事区域から3mの場所に停車した。

7) 勾配の急な坂では、徐行しなければならない。

8) 夜間に高速バスを運転中、乗客から「明かりがまぶしくて眠れない」と言われたので、室内灯を消した。

9) 追い越し禁止場所では、自動車は原動機付自転車を追い越してはならない。

10) 路面やタイヤの状態は、空走距離にはあまり関係ない。








いかがでしたか?答え合わせをしてみましょう。


1) 誤 この問題は、バス停について聞いてます。高速バスも路線バスと同様乗合バス扱いなのでバス停付近は駐停車禁止場所です。(営業外は駐停車可能)

2) 誤 乗車定員30人以上の自動車には非常扉が必要です。

3) 誤 踏切の向こう側なら追い越しはできます。

4) 正 設問の通りです。

5) 誤 休憩や回送時には第一種免許で運転が可能です。

6) 正 停車は可能です。

7) 誤 ひっかけ問題です。問題は急な坂と聞いてますので徐行場所は、上り坂の頂上付近だけです。下り坂と上り坂は禁止されていません。

8) 誤 室内灯はつけます。バスは夜間室内灯をつけますので、高速バスも同じです。

9) 誤 補助標識で追い越し禁止と書いてあれば「正」です。

10) 正 空走距離は運転者が危険を感じてブレーキをききはじめる行為です。この問題は制動距離について聞いてます。



今の問題が全問正解、多少不正解でも問題集できちんと重要なルールを覚えることがまず大事です。特に二種の問題では一種の内容がほとんどです。問題の冒頭ではタクシーの運転者、或はバスの運転者と聞いてますが駐停車禁止場所、追い越し禁止場所等は一種免許の問題とほぼ似てます。問題に引っかからないためには、文章を一字一句読んで内容を理解し、そのルールを正しいのか、正しくないかで決まってきます。一種免許試験と同様なのでそほど難しくはありませんが、中には教本には載っていない問題も出てきますからそういう場合は正誤どっちかにこたえるしか方法がないと思われます。