新事実
あの六道仙人の息子の1人アシュラが今現在ナルトに憑いている事が発覚。

では、もう1人の息子インドラはサスケに?サスケ...インドラに似てますよね。
スサノオはインドラの力?
ナルトも他の人柱力とは違い、1人だけ六道に近い姿になりますし、色々とアシュラに似てるのは確か。
そして今回解明された真実。更に52巻で起きた謎

ナルトとサスケが再会し再び螺旋丸と千鳥を互いに相殺させ二人は精神世界に。
正にその瞬間、二人は何かが見えた。
それが何なのかその時はわからなかった。

しかし今、六道の息子がアシュラとインドラと判明され、あの時わからなかったモヤモヤが解消された。

そう、あの時ナルトはサスケに意味深に話していた。
何かが分かって初めて話せる内容なのは明らかだった。
見えた?二人共死ぬ?サスケの中に何が?

答えは...

ナルトはアシュラの生まれ変わりでサスケはインドラの生まれ変わりだった。
あの時、アシュラとインドラという存在が見えたかはわからないのですが、少なくとも二人が戦っている姿が見えたのではないかと

アシュラとインドラは何度も転生し、その度に戦い続けた。そしてアシュラはナルトに転生しインドラはサスケに転生した。

柱間やマダラにも転生してたと思われます。

サスケの中にインドラが憑いてるかはまだ判明されてはいないですがほぼ確定かと。

ナルトとサスケは戦う運命にあります。
一度は共闘し戦わなくて済みそうでしたが、アシュラとインドラが居る限り二人は戦う定めにあると言えます。

この問題は、元はと言えばチャクラの実を食べた六道の母かぐやから始まり、六道仙人であるハゴロモが撒いた種です。
六道仙人がなんとかしてくれよ!と言いたくなるが、今やチャクラ体で漂うだけの存在でどうすることも出来ないらしい。

今後の展開も見逃せないです。




ps



たとえ取りつかれていたとしても、生まれ変わりだったとしても
ナルトはナルト サスケはサスケでいてほしいです。

読んでくださった方々ありがとうございます
m(__)m